お客様各位                                                2012年9月21日

 

 

ホワイトペーパー「データセンターのケーブル配線問題:Point to Point配線とストラクチャーケーブリング」発行のご案内

 

拝啓 

 皆様方におかれましては、益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

平素より弊社製品をご利用いただき誠にありがとうございます。

 さて、データセンター規格TIA942Aが8月に発行され、推奨ケーブリングシステムがカテゴリー6A、光ファイバーOM4とデータセンター設備が日々進化を遂げ、また、2012年は10GBASE-T対応のネットワーク機器やサーバ機器が本格的な普及期に入ると予想され 、光ファイバーにおいては40G・100Gの通信がすぐに現実化していくことでしょう。

カッパーケーブルを利用して、 リーズナブルな運用可能な10ギガビットイーサネットを用いたネットワークを構築することが現実的となりました。通信設備の基盤となるストラクチャーケーブリングシステムを見直す良い機会であるととらえられます。

 本ホワイトペーパーでは、トップオブラックとストラクチャーケーブリングシステムを比較して各々のベネフィットについて分かりやすく述べています。

 オートネゴシエーション機能や省電力機能がサポートされる10GBASE-Tを最も効率的且つコスト効率の良い運用のために最適なシステムの選択に役立つことと存じます。

ぜひ、ご一読ください。

敬具

  下記リンクより本ホワイトペーパーのPDFファイルがダウンロード可能です。

 ホワイトペーパー

ザ・シーモン・カンパニー

141-0022

東京都品川区東五反田5-23-1 第二五反田不二越ビルディング6

TEL: 03-5798-5790

FAX: 03-5798-5791

Email: info_japan@siemon.com

 

 
 
 お問い合わせ    個人情報保護基本方針     サイトマップ     認定施工会社専用ページ