2007年1月17日

 

Solarflare社による性能試験でシーモン社カッパーケーブリングシステムが10GBASE-T規格要件に適合

 

 

コネチカット州ウォータータウン・カリフォルニア州アーバイン  2007年1月17日 – Solarflare® Communications社はシーモン社の10G 6A™ UTP、10G 6A F/UTPおよびカテゴリ7/クラスF TERA®カッパーシステムの全てが10GBASE-T規格以上の性能であることを確認しました。

 

Solarflare社(本社:米国カリフォルニア州アーバイン)ではシーモン社(本社:米国コネチカット州ウォータータウン)の10G 6A™ UTP、10G 6A F/UTPおよびカテゴリ7/クラスF TERA®カッパーシステムの性能試験を実施しました。10GBASE-T規格に基づいてチャネル長100mの「6 around 1(測定対象のケーブルの周囲に妨害信号を発生する6本のケーブルを介在させる方法)」を採用したこの試験では、Solarflare社の10Xpress™ PHYカード計14枚を使用し、計7本のケーブルの両端から10Gb/sのイーサネット信号を同時に送信するという最大負荷条件でシステムの性能が測定されました。

 

この最悪条件において、シーモン社10G 6A™ UTP、10G 6A F/UTP、およびTERA®システムのすべてがIEEE802.3anイーサネット規格による10ギガビット伝送でのビットエラー率(BER)の厳しい要求水準を満たしました。TERA®(S/FTP)のテスト結果は特に優れており、そのSNRマージンは平均的なカテゴリ6A UTPより約6dB高い30.2dB(平均)を記録しました。

 

カテゴリ6A UTP、カテゴリ6A F/UTP(スクリーン)、およびカテゴリ7 S/FTP(シールド)の100mリンクがIEEE802.3anの要件を満たし、Solarflare10ギガビット機器との相互運用性が確認されたことで、10GBASE-Tの商業的実用性が明確になりました。今後、シーモン社とSolarflare社はカテゴリ6 UTPの55mリンクで同様の試験を実施する予定です。

 

Solarflare社による試験によって、シーモン社の研究開発・設計力が改めて証明されました。10G6A UTPだけでなく、スクリーン・シールド製品である10G 6A F/UTP とTERAシステムの実用性が確認されたことで、長年にわたって多大な投資を行ってきたことが正しかったと確信しました。」(シーモン研究所ディレクターDaniel Mullin談)

 

「シーモン社の3つのカッパーシステムが素晴らしい試験結果を示したことで、コストパフォーマンスの優れた10ギガビットイーサネットへの移行が加速するでしょう。今回の試験結果は、10ギガビットイーサネットの真の実用化に向かう重要な一歩だと言えます。」(Solarflare社マーケティング担当副社長Bruce Tolley談)

 

Solarflare社は10GBASE-T規格に適合した100mのケーブリングシステムを求める顧客の要望に応え、100mのリンク上で10GBASE-Tイーサネット規格に適合した製品を公式に展示し、サンプルを提供した初めての会社です。Solarflare社ではこの高水準の性能を確保するため厳しい試験・検証を実施しており、6A1(6 around 1)の最悪条件での今回の試験は10Xpress製品の確かな品質に裏打ちされたものです。

 

シーモン社の10GBASE-T対応ケーブリングシステムの詳細:

(日本語)   http://www.siemon.co.jp/jp/products/system/systemcomparison.html

(英語)    http://www.siemon.com/e-catalog

 

Solarflare社の10GBASE-T PHY製品の詳細:

http://www.solarflare.com


 

ザ・シーモン・カンパニーについて

 

1903年の設立以来、高性能・高品質のネットワークケーブリングソリューションの製造・開発を続け、ネットワークケーブリングに特化した400以上の特許を取得しているテクノロジーリーダー。米国コネチカット州ウォータータウンに本社を置き、世界各地のオフィスを通して業界で最も充実した製品ラインを提供している。(ホームページ: http://www.siemon.co.jp

 

Solarflare Communicationsについて

 

データーセンターおよびエンタープライズネットワーク用10ギガビットイーサネット関連製品の主要メーカー。世界に先駆けてIEEE802.3anイーサネット規格に適合した100mのカテゴリ6A上で10GBASE-T物理層(PHYLSIを実際に動作させる展示を行い、サンプルを提供した。Solarlare社の高性能イーサーネットソリューションにより10ギガビットイーサネットのコストダウンが期待されている。本社は米国カリフォルニア州アーバイン。研究開発センターは英国ケンブリッジ。(ホームページ: http://www.solarflare.com

 

 

 

英語版はこちら

 

 お問い合わせ    個人情報保護基本方針     サイトマップ     認定施工会社専用ページ